MODEL DOGS!!

きなこちゃん

チワワ

名称:チワワ
原産国:メキシコ

アップル・ドームと呼ばれる丸い頭に大きな目と耳をもつ、世界最小の純血種。9世紀にメキシコで“テチチ”と呼ばれていた小さな犬から伝わってきたと考えられています。

さまざまな伝説をもつ犬

 世界で最も小さい純血種で、犬種名は、メキシコ最大の州の名に由来し、1850年頃にこの州で発見された。
 9世紀にメキシコのトルテック族の間で知られていた小さな犬から伝わってきたと考えられており、アジアからメキシコに来たとみられ、彼らに“テチチ”と呼ばれて、小さくて毛がなく、吠えないのが特徴だった。トルテック族の時代に、テチチが飼育されていた証は、石に刻まれた彫刻にも見られる。
 またほかには、1519年にメキシコを征服したスペインの軍人ヘルナンド・コルテスの軍隊に同行してきたスペインの犬だと信じる人たちもいる。
 1530年に建てられた修道院には、よく似た犬の完全な姿が残っている。ほかにも、この時代、モンテズマ1世が立てた宮殿の廃墟、カーサ・グランデにほど近い遺跡でも、よく似た犬の彫刻が多く発見されている。
 原住民の伝説によれば、これらの小さな犬たちは、宗教上非常に重要な存在であったと伝えられている。メキシコや南米の考古学者たちは、実際に墓の中に主人と一緒に埋葬された犬の骨を発掘している。ブルーのコートの犬は聖なるものとされ、一方、レッドのコートの犬は主人の火葬の際、薪の山にいけにえとして供された。この犬たちの魂は汚れなき将来へ旅するのを許されていたので、彼らの主人たちの罪は犬に転嫁されると信じられていた。
 AKCに公認されたのは1904年のことである。

世界最小の犬

 コンパクトで引き締まったボディと丸い頭をした、世界最小の犬。チャームポイントの大きくてぱっちりした眼と三角の耳が愛らしい。体長は体高よりわずかに長く、背中はまっすぐで短く、胸は豊かに発達している。充分な丸みをもったアップル・ドームの頭蓋で、モレラ(骨が接合していない、頭頂部の柔らかな個所)があったりなかったりする。眼と眼の間は離れていて、眼色は暗色、ルビーなど。鼻は小さくわずかにとがっていて、鼻筋は通っている。鼻色はブロンド以外はコートの色に準じるか、暗色ほどよい。耳は大きなそり耳で、緊張した時はピンと立つが、ふだんは45度に開いている。尾は適度な長さでループ状。
 コートは2種類あり、スムースコートは柔らかく体表に密着し、頸にふさ毛がある。ロングコートは手触りが柔らかく耳にフリンジがあり、頸と尾に充分なふさ毛がある。両方の種類とも下毛がある。毛色はホワイトからブルーまで、どんな組み合わせの色でもよい。ブラックにはタンのマーキングも許される。

このページの上部へ