MODEL DOGS!!

ビビちゃん

ビション・フリーゼ

名称:ビション・フリーゼ
原産国:ベルギー、フランス

“巻き毛にくるまれた子犬”という意味をもち、綿菓子のようにふわふわの白いコートや少し気取って歩く優雅な姿が、ヨーロッパの上流階級の貴婦人たちに愛されていました。

貴婦人たちのお気に入りの犬

 ビション・タイプの犬は、ウォーター・スパニエルの子孫として中世の長きにわたり、地中海周辺の地域で知られていた。人なつこく魅力的な性格が高く評価され、船乗りたちによって、貿易の対象となっていたこともあった。14世紀にイタリア人の旅行者が、テネリフェ群島のカナリー島で発見し、ヨーロッパに持ち帰ったのが起源と考えられている。16世紀になるとフランスで両国の貴婦人たちの間で“白い抱き犬”として流行し、高価な愛玩犬になった。その後、ヘンリー2世の治世の間、イギリス王宮でさらに普及した。スペイン絵画の巨匠ゴヤの作品にも登場している。
 19世紀の末頃になると社会的評価は町のふつうの犬程度までになったが、第一次世界大戦後、フランスで熱狂的なファンのグループが、いくつかの血統を明確にし、再び人気が上昇した。
 1933年、正式にビション・フリーゼと名づけられ、フレンチ・ケンネル・クラブに公認されたのは翌1934年。フランス人がこの犬をアメリカに持ち込んだのが1956年である。

綿菓子みたいに豊かなコート

 ぬいぐるみのように愛らしい容姿をもつ、プードルに似た小型犬。体長は体高に比べて少々長い。頭部の大きさはボディとつりあいがとれている。眼は大きく、眼色はブラウンかブラック。ブラックの鼻は丸く突出している。
 絹状の豊かなダブルコート。上毛は約5cm以上。1本1本が離れて生えていて、カールしている。下毛は短くて柔らかい。耳と尾に滑らかに垂れたコートがある。毛色はホワイト一色。明瞭なマーキングとブラックのコートは好ましくない。

最高の愛玩犬

 愛情深く明るく遊び好き。家族には従順で、子供やほかの犬とも仲良くなる。マナーの良い、素晴らしい伴侶犬である。
 ふわっとしたエレガントなコートを保つために、グルーミングは念入りにおこない、ブラッシングは毎日約30分は必要。運動は屋内で自由に遊ばせる程度でよい。
 3~5頭の子犬を産む。成犬の毛色になるまで約6カ月かかる。子犬の発育はほかの犬種よりも遅い方である。早いうちから人に慣れさせるようにすること。

このページの上部へ