MODEL DOGS!!

ヴィヴィちゃん

アメリカン・コッカー・スパニエル

名称:アメリカン・コッカー・スパニエル
原産国:アメリカ

スポーティング・ドッグのなかで最小であり、ディズニー映画「わんわん物語」の主人公として一躍有名になりました。絹状の美しいコートに覆われた、非常に有能な鳥猟犬です。

鳥猟犬として才能を発揮

 セターやスパイエルの子孫であり、スポーティング・ドッグのなかでも最も小型の犬。17世紀までは、すべてのスパニエルは一緒のグループになっていたが、水中用と陸用とに分けられるようになり、その後、陸用の犬は小型犬と大型犬に分けられた。この両種類はさらに分類されて、家庭犬や、愛玩犬になったりしていったが、この犬は、スポーティング・ドッグにとどまった。
 鳥に忍び寄ることが上手で、ヤマシギ(コック)猟に最適であるということから、コッカーという名前がつけられた。鳥猟犬として非常に有能で、ハンターとの猟では前方に突進していき、積極的に動きまわる。
 アメリカに紹介されたのは1870年から1880年。過去には、AKCで、人気ナンバーワンになったこともある。イギリスでは、アメリカと異なった系統が発展していき、近年になってイングリッシュ・コッカー・スパニエルとして認められている。

美しい絹状のコート

 小型で愛らしい雰囲気を持っているが、体つきはがっちりしている。短くしっかりした胴体は胸深があり、背中は肩甲骨より腰にかけてまっすぐに傾斜している。体を覆うコートは絹状でたいへん美しく、まっすぐかややウエーブしている。頭部は明瞭なストップがあって広い。口吻は四角ばっていて、長く垂れ下がった耳は低い位置についている。尾は断尾する。
 耳のコートは豊富で、胸、腹部、四肢にもふさふさとしたコートがある。毛色は3種に分かれ、ブラックとブラック以外の単色、そして2色以上の毛が混ざるパーティカラーがある。
 ブラックの毛色の犬の鼻の色はブラック、その他単色のブラウンかレバーの毛色の犬は鼻の色がブラックまたはレバーでもよい。パーティカラーはブラックまたはレッドでも鼻の色は濃い方がよい。どの毛色も眼色はブラウンで、濃い方がよい。

覚えが早く訓練しやすい

 たいへん明るい性格。友好的で子供たちともよく遊び、飼い主を喜ばせる愛情こまやかな部分もあり、おとなしい。大胆でいきいきしているが、注意力もあって覚えも早いので、しつけや訓練もしやすい。ただし、1回でも恐ろしい思いをすると注意力が低下してしまう。また子犬の頃、過保護にするとわがままになり、うるさく、不健康な犬になるので注意すること。
 コートの手入れは週に2回、45分ほど行う。頭部や顎の周囲、肩などはいつもきれいにカットしてコートを整えておく必要がある。
 スパニエルは都会でもよく適応できるが、運動は十分にさせて、肥満にならないように注意しなければならない。散歩は毎日20~30分ほど行う。
 3~6頭の子犬を産む。単色の毛色の子犬は親と同じであるが、パーティカラーの子犬は生後2週間ほどの間は、ほとんどホワイトに見える。しつけは毎日行うようにする。

このページの上部へ