ドッグトレーナー専攻

ドッグトレーナー専攻

  1. Point01

    広いグラウンドで学び“プロ”になる

    都会の中や狭い室内では、活かせる技術や応用力を身につけることはできません。当学院の人も犬も生き生きと過ごせる自然豊かな環境が優秀なトレーナーを育てます。

  2. Point02

    たくさんの実習犬と技術を学ぶ

    同じ犬種でも性格は様々です。一頭一頭の犬と向き合い、犬の心と行動を理解し、服従訓練、アジリティートレーニングなどに取り組み高い技術を身につけます。

  3. Point03

    しつけ教室や競技会でスキルを磨く

    「しつけ教室」で飼い主さんとのコミュニケーション力をつけます。担当犬と一緒に「競技会」へ出場し経験を積みます。学生たちには、スキルを磨くための様々な体験が用意されています。

2年間でいろんな職種に就ける!

一年次に美容・訓練・動物看護を中心にすべての基本をしっかり学び、身につける学習を行い、二年次に専攻の分野をより深く応用できる技術と知識を身につけます。
多彩にあるペットビジネスにおいて必要な動物看護の分野もコースとして選択し専門的に学ことができます。そして、近年、ペットへの癒しに着目し人気の分野であるペットアロマ&マッサージのコースも学ぶことができます。
ペットに関する専門だけではありません。社会人として必要なビジネスマナー、様々なイベントやインターンシップでの実践経験の中でコミュニケーション力もしっかりと身につけていきます。
専攻以外の分野についても深く学び、ヒューマンスキルを磨くことで、多岐の分野にわたって活躍することができ就職の幅も広がります。

フォトギャラリー

  • フォトギャラリー

    アジリティトレーニングでは、たくさんの障害をクリアしなければいけません。始めはひとつずつ分割して教えていきます。

  • フォトギャラリー

    「スワレ」「マテ」などの基礎トレーニングでは、人も犬も共に意欲的にトレーニングできる工夫が欠かせません。

  • フォトギャラリー

    実習犬は、小型から大型犬まで多種多様にいます。同じ犬種でも性格は様々です。一頭一頭と向き合い、心と行動を理解することが大切です。

  • フォトギャラリー

    担当犬との技術を高めたら、競技会へ出場しましょう。大会までのプロセス、その後の目標へのプロセスをうまく組み立てることが成功の鍵です。

  • フォトギャラリー

    訓練実習を行うグランドは約1000㎡あります。自然に囲まれた環境で犬たちも学生たちものびのびとトレーニングすることができます。

取得資格

  • IDTA家庭犬トレーナー1・2級
  • 愛玩動物飼養管理士1・2級
  • ZPK家庭動物管理士3級
  • ZPKドッグインストラクター
  • ZPKトリマーC級
  • IPBA小動物看護士・高等小動物看護士
  • ペットアロマ&マッサージアドバイザー

活躍できるフィールド

  • 家庭犬・警察犬訓練士
  • 出張・介助犬訓練士
  • ペットショップ店員
  • ペットシッター
  • 動物看護師
  • ペットホテルスタッフ
  • 動物飼育管理スタッフ

カリキュラム

ドッグトレーナー科履修科目

  • 動物訓練学Ⅱ
  • 犬の行動心理学Ⅱ
  • 競技大会実習
  • 動物生理学
  • 動物飼養管理実習
  • インターンシップ
  • 基礎トレーニング実習Ⅱ
  • 動物訓練倫理
  • 動物訓練技法学
  • 動物感染症学
  • ペットビジネス学
  • 社会福祉
  • アジリティトレーニング実習
  • しつけ教室実習
  • 問題行動の心理・訓練学
  • 公衆衛生
  • ビジネスマナー
  • 動物介在活動

一年次履修科目

  • 犬・猫の生態と本能
  • 動物栄養学
  • 動物取扱業者の職業倫理
  • 動物美容学Ⅰ
  • 動物訓練学
  • 人間と動物の関係・社会学
  • 動物飼養管理学
  • 家庭動物管理
  • グルーミング実習Ⅰ
  • 基礎トレーニング実習Ⅰ
  • 動物健康管理学
  • 動物愛護論及び関係法令
  • 犬の行動心理学Ⅰ
  • グルーミング実習Ⅰ・B※
  • 基礎トレーニング実習Ⅰ・B※

※一年次後期に選択する実習によって異なります。

講師の声

一緒にプロを目指しましょう!

犬に一頭一頭個性があるように、人にもひとりひとり個性がありますので、その人に合った教え方を心がけています。訓練やしつけの基本からしっかり丁寧に指導します。しつけで困っている飼い主さんやワンちゃんの為に一緒にスぺシャリストを目指しましょう!

大和 智先生

大和 智先生

このページの上部へ